ペリリュー -楽園のゲルニカ-

[感想]ペリリュー -楽園のゲルニカ-

昨年9月に初めてパラオに行って、ペリリュー島に行って、そこから初めて最新刊が発売されました。
パラオに行く前にもこの漫画を読んでいて、パラオでそこまでの既刊分5巻を一気に読みました。
そのあと、ペリリュー島のツアーで島巡りをしました。

島で観たこと、聞いたこと、行ったからこそ分かることもあり、
この巻を読んでいて、改めて実際に行ってみて良かったと思いました。

どんどん減っていく日本兵。
既に玉砕されたペリリュー島。
この中でどのようにラストが描かれるのか。
ラストに向かっていくなかで寂しさも悲しさもある。
ひとりでもこの島のことについて、知る人が増えたら嬉しいなと思います。

次巻も楽しみにしてます。
またいつかパラオに行きたいと思います。
ハワイよりも田舎ですが、ハワイよりも近いこの国。
日本のことが好きなパラオ。
もっと日本人が知るきっかけが増えますように。

実際にパラオのペリリュー島に行った時の旅の記録は、下記になります。
パラオ旅行日記~初めてのペリリュー島、とても綺麗な海だった~

第1巻の感想

coming soon

第2巻の感想

coming soon

第3巻の感想

coming soon

第4巻の感想

coming soon

第5巻の感想

coming soon

第6巻の感想

coming soon

第7巻の感想

coming soon

第8巻の感想

今回もすごく考えさせられる話でした。
戦争が終わっているかいないか、そんな状況で戦うのをやめようとする者、覇気を高める者。
投了しようとしても許されない。
どんな展開で完結するのか寂しくもあり、楽しみもあります。

第9巻の感想

投降しようとしたところを見つかってしまった吉敷と田丸。
戦争は終わったのに、分からないことで内部でいろいろなことが起きる。
誰を信じて良いのかも分からなくなる。
最後は、再度投降しようとするところで終わる。

フィクションも含まれているこの作品だけど、
きっとこの作品以上に実際は大変だったのだと思う。
戦争が終わっても、投降することは許されない。
何を信じて良いか分からない。
そんな時代がわずか70年ほど前には実際にあったということ。
学び、知っていきたいと思います。
パラオ、2018年に行きました。
とても綺麗な海で素敵な国でした。
行ったことない方は、是非行ってみてください。



ABOUT ME
en-en
30代の会社員です。 趣味の映画鑑賞、読書、漫画について、感想などを掲載しています。 NetFlixで海外ドラマを観て英語勉強中です。